貸株 メリット

△TOP

貸株はどんなサービス?メリットとデメリットは?

<ページ最後へ>

株を保有している個人投資家が株式を証券会社に貸出して、銀行にお金を預けると利息がもらえますよね?

 

これと同じように、貸出した株に応じた貸株金利を受けることができるサービスが貸株です。

 

それでは貸株のメリット、デメリットを見ていきましょう。

 

貸株のメリットとデメリット

貸株のメリット

金利は銀行預金よりもずっと良く、貸出金利は最低は年0.1%、最高では1%以上にもなります。現在貸株サービスを行っているネット証券は数社ありますが、どこもネットからの申し込みが可能で利用料はかかりません。貸株サービスは利用料も無料で申し込みの手間もネットで簡単にできます。

 

長期保有している株があってそのまま放置しているのであれば、貸株サービスを利用しないともったいないですよ!

 

貸株のデメリット

しかし証券会社に株を貸出ししていると、自分名義の株ではなくなるので配当金がもらえません。その代わり証券会社から同額の貸株配当調整金をもらえます。企業からもらうか証券会社からもらうかの違いで、同額をもらえるのだから全く損はしないと思っていると思わぬ税金がかかってしまいます。

 

配当金は株を発行している会社から源泉徴収額を差し引いた金額が振り込まれて税務処理が完了できますが、貸株配当調整金の場合はこれが雑所得になるのでそこからさらに税金がかかります。

 

1年間でもらえる貸株料よりも税金の方が高くなることもありえます。これを避けるためには配当金の権利落ち直前に貸株を一度返してもらい、通常の配当として受け取りその後また貸株の手続きをしなければなりません。ちょっと面倒ですよね。。

 

SBI証券の貸株サービスなら、すべてを解決できます!

でも安心してください!

 

SBI証券の「貸株サービス」なら、優待権利自動取得サービスというものがついています。

 

この設定をしておくと、株主優待権利取得日が近くなると自動であなたの元に株を返還してくれます。そして、権利取得後にまた自動で株を貸出してくれます。

 

つまり、通常の配当金としてもらえ、しかも株主優待ももらえます。

 

このサイトで紹介していますので、ぜひSBI証券の貸株を実践してみてください。さらに追加でお金をもらえるようになるでしょう。

 

そして、SBI証券でイオン株を買い22.5%割引でお得に買い物する方法を公開していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。あなたの生活が更に豊かになることでしょう。

 

関連記事

 


イオンオーナズカードで究極節約TOP サイトマップ プロフィール お問い合わせ